男の人

商品管理に優れた機能をもつPOSレジを有効活用

このエントリーをはてなブックマークに追加

東南アジアへの進出

会議

拠点として魅力的な国

東南アジアへ進出したいといった場合には、まずはその拠点となる国を選ぶ必要がありますが、おすすめなのがインドネシアです。インドネシアは世界第4位の人口を抱えている国で、今後の市場拡大や豊富な労働力の供給といった面での将来性があります。インドネシアの人口は2億4千万人で、経済規模においては世界16位、ASEANでは1位と経済国家としての魅力が強い地域です。特に21世紀に入るとGDPが5倍に増加しており、また物価や人件費も安い日本から見て安いのでビジネスチャンスが多く存在します。一方でインドネシアも国として外資の受け入れをしているため、土地の取得や工場の建設などで受ける制限が少ないのも魅力です。一方で、海外進出をする際には自社で独自に行うのはリスクが高くなります。このためコンサルティングを受けるのが無難です。インドネシアは特に日本の企業進出が盛んな地域であるため、コンサルティングを行っている会社も多く存在しています。コンサルティングを利用するメリットとしては、企業進出をサポートするだけでなく、進出後のコンサルティングも重要です。海外進出でネックとなるのが、適用される法律が変わることや人の習慣が変わるということです。郷に入れば郷に従えという言葉があるように、法律の理解や習慣の理解がなければトラブルの原因にんもなります。コンサルティングを利用することで、法律の違いや習慣の違いなどを事前に知ることができます。また現地で活躍するコンサルティングであれば、現地企業とのコネクションにもなってくれるメリットがあります。