男の人

商品管理に優れた機能をもつPOSレジを有効活用

このエントリーをはてなブックマークに追加

中国進出に必要なオフィス

オフィス

開業まで3ヶ月が必要

香港で会社設立する場合、少なくとも3ヶ月程度の期間が必要です。まず準備するのは最低資本金です。香港では1香港ドルで会社設立が可能ですが、登録資本金を1万香港ドルにするケースが多くなっています。最初にやることは会社名を決めることですが、同じ名前の会社がないようにコンサルタント会社に登記を依頼します。香港では会社設立後でないと事務所などの物件契約ができないことになっています。しかし会社設立のためには住所が必要なので、住所貸しという方法を利用します。このような特殊な方法もコンサルタント会社に任せます。法人登記をする時には会社の定款を作成します。香港では基本定款と通常定款の2種類が必要です。登記手続きには2千香港ドル以上かかりますが、資本金は多めにした方が就労ビザは取りやすくなります。具体的な会社設立は会社登記所で手続きを行いますが、この時に登録料として資本金の0.1パーセントを支払うことになります。登録料には3万香港ドルの上限がありますが、最低でも発起人が1株を持てば会社設立が実現できます。会社登記が終わったら、税務局で商業登記をします。窓口で申請すれば、その場で商業登録証がもらえます。このような流れで会社設立ができますが、事業を始める前に法人口座を開設する必要があります。口座開設は銀行によって手続きが違うため、よく調べる必要があります。口座開設は必ず本人が現地で手続きをすることになっています。